FC2ブログ

タイトル画像

心不全の在宅看取り

2017.12.10(22:54) 50

姫路でのとある講演会に行ってきました。
180名の医療従事者やケアマネさんらが集まり、心不全の在宅看取りについて深く考える機会となりました。

終末期の心不全患者さんは、大切な薬を継続投与できないということはじめ様々な理由から、今までなかなか在宅に帰り自宅で死を迎えることができなかったといいます。
しかし在宅医をたて、訪問看護師やケアーマネージャーといったサポート体制をしっかり確立することによって、症状緩和しながら自宅での最期を迎えられることができるとの講演でした。
心不全終末期における苦痛症状は呼吸困難といった身体的苦痛(疼痛が出現する患者さんも多いそうです)、不安や苛立ちといった精神的苦痛、死への恐怖や生きる意味への問いといったスピリチュアルな苦痛等、そんな様々な苦痛・・・全人的な苦痛が出現します。

そんな症状を緩和する方法として薬物療法では、利尿薬、硝酸薬、コデイン、モルヒネ、抗不安薬等が投与されますが、非薬物的な療法として、酸素療法、呼吸法、リハビリテーション、そしてアロマなどの匂いやリラクゼーション等のマッサージが有効と資料にも記載されていました。
薬物療法以外に、症状緩和の方法としてアロママッサージが有効だと解釈しました。

心不全患者さんの在宅看取りが可能な世の中となり、症状緩和の一つとしてアロママッサージを受け、住み慣れた自宅でご家族と共に穏やかに過ごせる人が増えていきますように・・・。
これからもアロマケアをアピールしていこうと思います。

心不全の在宅看取り

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


学び時間 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<祝☆初出店 | ホームへ | セルフケア>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する