FC2ブログ

タイトル画像

アロマ勉強会、無事に終わりました

2019.09.12(22:05) 103

職場でのアロマ勉強会の発表、無事に終わりました。
今回は職場のケアマネージャーさん、理学療法士さん、言語聴覚士さん等のリハビリテーションスタッフさん達も加わり、総勢20名の参加をいただきました。

様々な質疑応答もいただき、約1時間の勉強会となりました。
特に現在訪問看護の中でアロマケアをさせていただいている2名の利用者さんの症例発表では、とても良い結果の報告となりました。
「アロマセラピーって想像していたよりすごく科学的なので、びっくりしました」
「アロマってすごい!ぜひ今度体感させて欲しい。」
「アロマケアをしてほしい人、今3人ほど頭に思い浮かびました」etc…。
たくさんの嬉しい反応をいただきました。

こうしてまたたくさんの方にアロマケアを知っていただき、必要な方のところにアロマをお届けすることができますように・・・。

遅くまで残り勉強会に参加いただきました職場スタッフの皆様、今回講義させていただく機会を与えて下さった勉強会担当のKさん、本当にありがとうございました。

アロマ勉強会(在宅事業部編)


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

アロマ勉強会~在宅事業部編~

2019.09.06(22:25) 102

来週、職場でアロマ勉強会をさせていただくことになりました。

初めてのアロマ勉強会はちょうど2年前、職場でアロマケアを導入したての頃でした。
その時は職場の訪問看護師さん達対象に行いました。
そして今回は、職場の看護師さんをはじめ、ケアマネージャーさん、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士といったリハビリスタッフ・・・つまり在宅事業部全体を対象に実施することになりました。

「アロマセラピーを看護ケアに~訪問看護に生かすアロマケアによるアプローチ~」
・ホリスティックな視点でのアロマセラピーとは
・症例報告
・アロマケア介入から主治医報告までの一連の流れ
上記の内容で、お話をさせていただく予定です。

週末は原稿の最終チェックをし、お伝えさせていただく内容の整理をしたいと思います。
2年前に始まりアロマケアを継続されている利用者さんの良い変化をしっかりとスタッフにお伝えし、アロマケアへの理解を深め、これからアロマケアを必要とされる方々へ繋がっていくことが目標です。
頑張ってきます!

アロマ勉強会


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

世界遺産巡りの旅~広島・島根編~

2019.08.25(21:14) 101

今年の夏も暑く、毎日患者さんには脱水にならないよう色々なことに気を配り訪問しています。
そして我が家の夏休みは、昨年とはまた少し変わり、家族それぞれが忙しい日々を送っています。

そんな中家族全員の予定を何とか調整し、広島・島根へ旅行にいってきました。
次男の部活が終わってからの出発、1日目の目的地である広島へ到着したのが夕方の18時をまわっていました。

1日目のメインは広島の「原爆ドーム」。
子供達といつかは行きたいと思っていたのが、ようやく叶いました。

原爆ドーム1  原爆ドーム2

平和記念資料館は夏休みということで20時まで開館しており、時間も遅い中かなり混んでおり海外からの観光客もたくさん来られていました。
“クレイジー…”と声が聞こえ、館内はとても静かで訪れた人は胸がいっぱいになって出てきている状況でした。
我が子達も、教科書の勉強だけでは足りない様々な事を感じとってくれたようでした。

そして2日目。
フェリーに乗り、厳島神社へ行きました。

厳島神社1

残念ながら鳥居は工事中。
周囲にはたくさんのお店があり、昔からあるお店に並び、斬新なお店もあり、若者たちが頑張っている様子がうかがえました。
世界遺産を後世に残すために、地域を盛り上げようと頑張られている姿に感動しました。

そして車で移動し、島根県を訪れました。

石見銀山

次に訪れたのは「石見銀山」です。
石見銀山は、戦国時代後期から江戸時代前期にかけて最盛期を迎えた日本最大の銀山です。
かつて銀で栄えた周囲の武家屋敷や商家が混在したレトロな街並みを散策し、当時にタイムスリップしたかのような気持ちに浸りました。

そして玉造温泉へ。
宿泊先での美味しい料理に、ヒノキ&岩風呂といったお風呂。
日々の生活からかけ離れたここでのひとときは、日常の疲れを癒し、新たなエネルギーを与えてくれます。
ご褒美の足つぼマッサージを受け就寝。
おかげで熟睡でき、朝は気持ちよく起きることができました。

そして最終日は私が一番行きたかった場所、『出雲大社』に向かいました。
縁結びの神様で有名な神社です。

出雲大社1  出雲大社2  出雲大社3

鳥居が4つもあり、とても広く壮大な神社でした。
入った途端とても心地よい気の流れを感じ、終始気分よく滞在することができました。
“これからもたくさんの良いご縁がありますように・・・”と、『2礼4拍手1礼』でお祈りしてきました。

こうして2泊3日の今年の家族旅行が終わりました。
家族それぞれが忙しく、これからこうして4人で旅行できるのももう幾度とないことでしょう。
育児も終盤を迎えた今、家族で一緒に過ごす時間を大切にしていこうと思います。


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

7月の高齢者施設にて

2019.07.21(22:34) 100

先日は月1回の高齢者施設でのアロマボランティアの日でした。
今回は月曜日の訪問だったため、初めてお会いする方もいらっしゃいました。

80代くらいの女性の方とお会いしました。
「今日はしんどくて、しんどくて。朝から寝たり起きたりしているの。」
呼吸は浅く、やや頻呼吸です。
昨日の夜、眠れなかったのでしょうか?
何か疾患による別の症状があるのでしょうか?
それとも何か不安なことを抱えていらっしゃるのでしょうか?
『そうなんですね。それはお辛いですね。』と声をかけ、リラックス系の香りのオイルでゆっくり両手をマッサージしていきました。

利用者さんは目を閉じ、マッサージの心地よさに身を委ねておられました。
すると浅く速かった胸郭の動きがゆっくりになり、椅子に座ったままウトウト眠られたようでした。
そして目が覚められお顔をのぞくと、少しさっきよりすっきりされた表情をされていました。
そして私が施設にお邪魔している時間帯は、一度もベッドで休まず椅子に座っていらっしゃいました。

それから数名の方のマッサージをさせていただきました。
片麻痺で一方の手が不自由な方が多かったです。
麻痺で拘縮した手を、ゆっくりとマッサージをしながら緊張をといていく時間が私はとても好きです。
痛がる方は今までいらっしゃらず、表情がゆるみとても喜んでいただけるからです。

そして今日のトピックス!
月間スケジュールの1つに、“アロマ”の時間を入れて下さっていることが、とても嬉しかったです。

高齢者施設カレンダー

利用者の皆様もスタッフの皆様も、これからもアロマの時間を楽しみにしていてくださいね。
短い時間ですが、皆様がリラックスでき、リフレッシュでき少しでも心地良い時間を過ごせるよう努めて参りたいと思います。

申し訳ありませんが8月は多忙のためお休みさせていただき、今度はまた9月にお会いしましょうね!




ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

初のホストファミリー体験!

2019.07.18(23:29) 99

長男の通う高校では、積極的に留学生の受け入れを行っています。
その波にのり、我が家も初めて留学生のホームステイを受け入れすることとなりました。

そして先日、我が家に留学生がやってきました。
まずはアメリカ合衆国アイダホ州から17才のリアムくん。
身長が6フィート(182㎝)もあり、とてもハンサムで少しシャイな青年でした。
会ってすぐ彼からお土産をいただきました。

ホストファミリー体験1

何とハンドメイドのまな板です。
彼はとても手先が器用で、エレキギターなども自分で作ったりしているとのこと。
木材を切り、角をとりやすりをかけ、色を塗りニスを塗り、焼き印をつけ・・・とても手がかかっていることが想像できるような、思いのこもった作品です。
彼の人柄がにじみ出ているようなお土産、もったいなくて簡単には使えずまだ飾っています。

ホストファミリー体験4

おもてなしのメニューはそうめんに天ぷら、おでん等。
おはしも上手に使って、食べてくれました。
何と猛特訓したとのこと。
日本の文化を積極的に知ろうとし、一緒に溶け込んでくれることがとても嬉しいです。


そして2番目のゲストは、マレーシアのクアラルンプールから16才のアフィフくんです。
とてもキュートで明るく、コミュニケーションがとても上手です。
積極的に話しかけてくれ、また私たちの発語に反応し、色々な話を聞かせてくれました。
ゴーカートが大好きで、毎週土曜日サーキット場に従兄達と走りに行っているそうです。

彼はイスラム教徒で、1日数回お祈りをすることを常としています。
お祈り前には手足や顔などを水に清める必要があるので、シャワーの使用が夜中でも必要になります。
特に気を使ったのは食事。
ムスリムの彼は宗教上、豚肉をはじめ、豚由来の食材、アルコールは口にすることができません。
調味料も、料理酒、みりん、アルコールが添加された醤油等も使えません。
(口にすると神に背くことになります)
原材料をチェックしてそれらを使用していないものを選ぶ作業が大変でした。
ちなみにおもてなし料理は、シーフードお好み焼き、そうめんです。

最終日は世界遺産姫路城に家族みんなで行きました。

ホストファミリー体験3

ライトアップされた姫路城も見ることができ、とても喜んでくれました。
そして回転寿司に一緒に行きました。
マレーシアにも回転寿司屋(SUSHI-KING)があるそうです。

そして彼からマレーシアのお土産を、家族1人1人にたくさんいただきました。

ホストファミリー体験2

初めてホストファミリー体験をし、楽しかったー!!
彼らの文化も知ることが出来たし、日本の文化も知ってもらうことで、彼らとの距離がすごく身近に感じることができました。
今回の私の大きな役割は、①留学生たちの衣食住の安心できるおもてなし ②息子が留学生としっかりかかわれるようにサポートすることでした。
2泊3日ずつの2人の海外からの留学生達とかかわらせていただき、とても忙しかったけど息子が3人いるような嬉しい気持ちも味わえました。
2人の留学生が日本を好きになって帰ってくれたなら、私の役割はしっかり果たせたことになります。
今回ホームステイ受け入れをすることで、微力ではありますが、日本と外国との架け橋になれたことを嬉しく思います。




ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. アロマ勉強会、無事に終わりました(09/12)
  2. アロマ勉強会~在宅事業部編~(09/06)
  3. 世界遺産巡りの旅~広島・島根編~(08/25)
  4. 7月の高齢者施設にて(07/21)
  5. 初のホストファミリー体験!(07/18)
次のページ
次のページ