タイトル画像

淡路島にて

2017.11.06(22:56) 46

連休はお天気に恵まれ、淡路島に行ってきました。
淡路島1
今回の大きな目的は剣道の初段試験を受けること!
子供と一緒に剣道を始めて2年、今年は息子も6年生ということで、もしかしたら一緒に通うのも後数ヶ月。
来年は一緒に励まし合いながら剣道を続けている保証はないな・・・ということで、今年は私自身も剣道を頑張ってきた証が欲しいと思い、初段試験を受けることを決めました。
夏頃から剣道形の練習を始め、週末の稽古前にはユーチューブを見ながらイメージトレーニング。
そして稽古では、5人の先生方にそれぞれ稽古をつけてもらい、先輩方には色々なアドバイスをいただき、この日の準備をしてきました。
淡路島2
試験会場は淡路市津名体育センターでした。
初段~3段まで100名以上が試験を受けにきていました。
周りを見渡すと、ほとんどが平成生まれ。
初段を受審した女子は、私以外全員中高生でした。(゚△゚;ノ)ノ
実技が合格すれば、日本剣道形の形を受審でき、合格すれば学科試験を受けることができます。
心臓が飛び出そうなくらい緊張しましたが、全ての審査に合格することが出来ました。
淡路島5
ご褒美は生クリームソフト。
明石海峡大橋を見ながら食べるスイーツは最高でした!
前日学科試験の勉強をしながら、ふと思ったことがあります。
試験には出ませんでしたが、剣道修練の心構えについて勉強している時に、アロマと結びついてしまいました。
①剣道を正しく真剣に学び、
②心身を錬磨して
③旺盛なる気力を養い
④剣道の特性を通じて礼節をとうとび
⑤信義を重んじ
⑥誠を尽くして
⑦常に自己の修養に努め
以て国家社会を愛して広く人類の平和繁栄に寄与せんとするものである。
これをアロマセラピストとしてのあり方に意訳してみました・・・。
①精油を正しく扱い、心と体のしくみを深く学び
②心身を安定させ、自ら健康モデルとなり
③旺盛なるエネルギーをたくわえ
④アロマを道具として、目の前の苦痛を持った人と深くかかわり
⑤人との信頼関係の下
⑥真心を込めてかかわり
⑦常に自分のスキルや知識を高め、自ら成長し続けることに努め
人をケアすることを自らの生き方とせんとするものである。    (訳:八木)
♡海

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


剣道 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

第20回日本アロマセラピー学会学術総会

2017.10.30(15:17) 45

10月28日(土)29日(日)大阪まで、日本アロマセラピー学会の学術総会に参加してきました。

日本アロマセラピー学会は、アロマセラピーを医療に正しく応用する為に臨床医を中心に組織された医療従事者の団体です。
色々な分野の方の様々な研究発表を聞かせていただき、今自分が実践していることをきちんと伝えていきたいと心を熱くして帰ってきました。
市民講座では寛平ちゃんのトークで大爆笑し、なぜ寛平ちゃんとアロマ?と疑問だったのですが、ようやく自分の中で繋がりました。(笑)

第20回学術総会1
第20回学術総会2

イギリスからお越しいただいたジェーン先生からも、クリニカルアロマセラピーをしっかり学ばせていただきました。
私の今後の課題もできました。

第20回学術総会3

同じ志をもつ仲間とも久々の再会!
たくさんのパワーもいただきました。

第20回学術総会5

臨床でのアロマセラピーは、まだまだ日本では浸透しているとは言えません。
発表者のどなたかが言われていました。

出来ることから活動してみる
思いは伝え続ける
小さなことでも続ける
仲間を増やす


今私が実践していること・・・これでいいんだ!と心が定まって戻って参りました。
これからまた切磋琢磨しながら進んでいきます!

第20回学術総会4

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


学び時間 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

コウノドリ

2017.10.26(23:00) 44

今楽しみにしているドラマ「コウノドリ」。
続編が今月から始まりました。
産婦人科を舞台に、様々な問題を抱えた妊婦や新生児、そしてその家族に全力で向き合うスタッフ・・・その命の奇跡が描かれています。
命の誕生は・・・生命の奇跡。
出産をする母の力、赤ちゃんの力、そして全力でサポートする家族やスタッフの力・・・色々な力が合わさり出産というイベントを終える。
小さな命が生まれること、それは決して当たり前のことではない。
また産婦人科で起こりうる数々の出来事・・・社会問題としても考えさせられることもあります。
何よりドラマの中でのピアノが素敵。
ピアニストの清塚信也さんがピアノテーマ、監修、音楽を担当されています。
一度清塚さんが姫路に来られ、コンサートに行ったことがあります。
彼の繊細でダイナミックな音色に感動。
話も上手で引き込まれていき、とても魅力ある方です。
そんな清塚さんの音楽CDを、ケアルームでの施術時に流しています。
繊細で優しい音楽を聴きながら施術し、聞こえてくる音色とタッチから感じ取るクライアントさんと一体になりながら、私自身も癒される時間を過ごしています。
先日職場の先輩から「コウノドリ」の漫画をお借りしました。
1話1話考えさせられるストーリーや場面があり、秋の夜長にとても有意義な時間となりました。
テレビドラマの方も原作を忠実に再現しています。
今後も目が離せません。
コウノドリ

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

本当に最後の訪問

2017.10.13(23:23) 43

先日、受け持ちさせていただいていた利用者さんがお亡くなりになりました。
今日は自宅にお参りに行かせていただきました。

リウマチで何十年も痛みと戦われてきたAさん。
人に触られることを極度に嫌がられていました。
ここ2~3年は認知症症状もすすみ、寝たきりの状態でした。
ほとんど話もされなくなり、瞬きと表情で意思表示をされていました。

長い間お嫁さんがしっかり介護されてきました。
直前までご飯をしっかり食べ、最期は眠るように息を引き取られたと教えてくださいました。
95才の大往生でした。

そんなAさんに1年半前に一度だけアロマハンドマッサージをさせていただいたことがありました。
何とか気持ち良さを感じてもらいたいと、拘縮、変形した手に細心の注意を払いながら、指1本1本愛護的にゆっくり丁寧に、必死な気持ちでマッサージしたことを鮮明に覚えています。
そしてマッサージ後に涙を流され、真っ赤な目で無言のまま私の顔をみていた表情が忘れられません。
Aさんにとって心地よい時間であり、もしかしたら痛みが少し和らいだ時間だったのかもしれません。

最後の訪問の時、バイタルサインは安定していましたが、「もしかしたら今日でお会いするのが最後になるかもしれない」となぜかふと心によぎりました。
それが本当になるとは・・・。

ご冥福をお祈りいたします。


お供え花


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

サービス担当者会議にて

2017.10.11(21:11) 42

今日、訪問看護でアロマケアをさせていただいている利用者さんのサービス担当者会議に出席してきました。
(難病で臥床状態から旅行にまで行けるようになられた利用者さんです)
サービス担当者会議とは、ケアプラン(介護保険サービスの利用計画)作成のために関係者が集まって行われる会議のことです。
ご本人やご家族、ケアマネージャー、訪問看護師、福祉用具事業所担当者、デイサービスやショートステイ施設のスタッフ、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等リハビリスタッフなどご本人を取り巻く各種サービス担当者が参加します。
そしてご本人やご家族の意思確認や、各種サービス担当者間の情報共有を通じて、最適なケアプランが作成されます。
私は受け持ち看護師さんと一緒にアロマケア担当ナースとして出席してきました。
介護保険認定更新に伴い、現状況の確認と生活上の目標が再設定されます。
アロマケア担当として、アロマ介入してからの利用者さんのご様子、変化をナースセラピストとしての視点から発言させていただきました。
今後もアロマケア継続し、今の安定した状態を維持していけるようサポートしていくことをお伝えしました。
こうした場に呼んでいただき、発言する機会を与えていただけることにより、ケアの大切さを伝えていけますように…。
ハートの木

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
最近の記事
  1. 淡路島にて (11/06)
  2. 第20回日本アロマセラピー学会学術総会 (10/30)
  3. コウノドリ (10/26)
  4. 本当に最後の訪問(10/13)
  5. サービス担当者会議にて (10/11)
次のページ
次のページ