FC2ブログ

タイトル画像

温かい手

2018.09.24(22:48) 79

少し気温もさがり、段々と秋らしくなってきました。
新しい白衣を着て、今日は高齢者施設でのアロマハンドマッサージの日でした。

白衣

月曜日に訪れるのは初めてで、新しい出会いがたくさんありました。
女性の方が多く、昔交通事故にあい手が変形されている方、脳梗塞の後遺症で冷感があられるかた、編み物をし過ぎて腕の張りが辛い方・・・色々な方がいらっしゃいました。
お一人おひとりの状況に合わせながら、ハンドマッサージをさせていただきました。

ハンドマッサージ


「あなたの手、すごく温かい・・・」
「ほんと温かくて、気持ちがいいわ・・・」
「なぜ、そんなに温かいの?」
利用者さんそれぞれから、マッサージをするたびに声をかけられました。

ここ数か月前から、「何て温かい手」と言われることが多く、自分自身でも自覚していました。
以前はファーストタッチが冷たいことが気になり、よくカイロで手を温めてから施術をしていました。
手が温かい理由として
①寒い季節ではない
②緊張しなくなった(マッサージを提供することに慣れた)
③マッサージで触れさせてもらいながら、私も触れられているため、癒されているから
と自分自身で分析してみました。

やわらかい素材、優しい丸みをおびたデザインの白衣を着て、優しい香りに包まれながら、温かい手でのマッサージ・・・利用者さんにとって優しくて暖かな‘ひだまり’のような存在でいることが理想です。

また来月お会いしましょう。

デイ作品

 (利用者のみなさんが協力して作られた作品)







ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

アロマケア専用タオル

2018.09.02(22:18) 78

先日、高齢者施設でのアロマセラピスト活動での出来事です。
いつもタオルは施設から準備していただいているレンタルタオルを使わせてもらっていましたが、何とアロマケア専用タオルができていました!

デイアロマタオル

月一度のアロマセラピーの時間を、施設のイベントとして仲間入りさせてもらえた・・・そんな気持ちになり、とっても嬉しくなりました。
大切に使わせていただきます!
ありがとうございました。
施設の方には、使用後洗濯のお世話をいただきますが、どうぞよろしくお願い致します。


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

潮の香りが漂う町にて

2018.03.11(22:39) 61

少し肌寒いですが、お天気の良い1日でした。
梅の花がチラホラきれいな花を咲かせてくれています。

梅

今日は高齢者施設でのアロマケア活動の日でした。
いつもの曜日とは違い、今日は初めて土曜日に施設へお邪魔しました。
いつもの顔ぶれの方もいらっしゃいましたが、初めてお会いした方もいらっしゃいました。

今日は女性の方へのマッサージが多く、両手の関節が変形されている方、手の冷感やしびれが慢性的に常にあられる方がいらっしゃいました。
お話を伺うと、昔よく働き、重たい荷物を常に持ち、手を使う細かい作業をされていたといわれます。
早朝船に乗って海へ出ていき、海苔を収穫しては作業を行われていたそうです。
今では機械で作業していることも昔は全て手作業で行い、大変だったと話されました。
この施設に通われている方は、昔、漁港として栄えた“室津”出身の方が多く、今日お会いした方々もこの地にお嫁に来てから家族ぐるみで水産業をされていたそうです。

またご主人と大きなお店を営われていた女性の方、営業も接客もされ毎年数千件の予約をとられていたといわれます。
そして今では息子さん達がお店をしっかり引き継ぎ、頑張ってくれているとのことでした。

今日は潮の香りが漂うこの町で、働き者だった女性の方のご苦労されたお話を色々聞かせていただいた1日でした。
『一生懸命お仕事されていたのですね』とねぎらいながらのハンドマッサージ。
「最初ここに来た時、知ってる顔が多くてびっくりした」と言われる方もありました。

施設内では、楽しそうに話されているご様子や皆さんの笑顔を見ていると、年を重ねてからのこんなコミュニティもいいなーといつも思います。
「ここの場所もええとこやし、ここにいるスタッフさんもみんないい人やし、ほんまようしてもらってありがたい」との声もありました。
そんな空間でこうして活動させていただいている私自身も、本当に幸せな気持ちをいただいています。

いつか私も介護が必要になったとき、気心しれた方とこんな場所で過ごせたらいいなと思います。
その時はどなたか私に優しく触れながら、たくさん話を聴いてくださいね。


室津港
                                        (室津港)






ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

今年初☆アロマボランティア活動の日でした

2018.02.01(23:00) 57

今日は、2か月ぶりの高齢者施設でのアロマボランティア活動の日でした。
先月は多忙のためどうしても行くことができませんでした。
インフルエンザが流行っているため、マスクを着用しての活動でした。
今日のブレンドオイルは、いつものリラックス系とリフレッシュ系のオイルにティートリーを一滴まぜ合わせました。
ティートリーの精油は抗ウイルス作用があり、感染症予防に大きな力を発揮してくれます。
インフルエンザや風邪のウイルスから、利用者さん達を守ってくれますように・・・願いを込めて・・・。

ティートリー

今日1番最初マッサージを受けて下さった女性の利用者さん、
「前おみえになってから、最近全然来られないから、どうしたのかなーって思っていたのよ」と声をかけていただきました。
気にかけていただいて、すごく嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
そして先日転倒した話から始まり、とても利口な牛のお話を聞かせて下さいました。

いつも煙草の香りがしていた利用者さん、今日も煙草の香りがしません。
そして今日も落ち着かずウロウロされています。
お声かけすると、すっと両手を差し出して下さいました。
いつも氷のように冷たい手は、今日は少し温かいです。
席に落ち着いて座り、穏やかな表情でマッサージを受けて下さいました。

今日も皆さんお元気そうな様子が見れて、良かったです。
今年6月にはこちらの施設内で、地域の方にアロマをお伝えする機会をいただいています。
構想を練りつつ、少しずつ準備を進めていきたいと思います。

セミナー計画書









ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

あたりまえ

2017.11.20(23:08) 47

先日、高齢者施設で生活されている患者さんの看護訪問をしてきました。
「頑張って動かなあかん」という気持ちがあっても、なかなか気持ちが上がってこないといわれます。
そして訪問の後半は押し車をおして、一緒に館内を歩きました。
そこで食堂の壁に掲げられていた言葉を見つけ、立ち止まり見入ってしまいました。

あたりまえ
こんなすばらしいことを
みんなはなぜよろこばないんだろう
あたりまえであることを
お父さんがいる
お母さんがいる
手が二本あって 足が二本ある
行きたいところへ自分で
歩いて行ける
手をのばせば
何でもとれる
音が聞こえて声がでる
目が見える
こんなしあわせが
あるでしょうか
しかしだれもそれを
よろこばない あたりまえだと
笑ってすます
食事が食べられる
夜になるとちゃんと眠れ
そしてまた朝がくる
空気を胸いっぱいにすえる
笑える 泣ける
叫ぶこともできる
走りまわれる
みんなあたりまえの
ことをこんなすばらしい
ことをけっしてよろこばない
そのありがたさを
知っているのはそれを
失くした人たちだけだ
なぜでしょう
あたりまえ

あたりまえ

この言葉は、ある方が死の21日前に書かれたそうです。
あたりまえのありがたさに、感謝しながら生きていきたいものです。
またそんなあたりまえの毎日が続いていくようしっかり支えていくのも、私達の大きな役割です。

しあわせはいつもじぶんのこころがきめる

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
高齢者施設にて
  1. 温かい手(09/24)
  2. アロマケア専用タオル(09/02)
  3. 潮の香りが漂う町にて(03/11)
  4. 今年初☆アロマボランティア活動の日でした(02/01)
  5. あたりまえ (11/20)
次のページ
次のページ