タイトル画像

五月病

2018.04.30(22:02) 65

前回の記事から1ヶ月も経ってしまいました。
桜の花が満開の時期から、町の街路樹にはピンクや白のハナミズキの花がとてもきれいに咲く季節となりました。
そして我が家の庭のハナミズキも、今年もきれいな花を咲かせてくれています。

ハナミズキ

いつもこの季節、とても周囲が気になります。
4月新しい環境に身をおかれた方、そろそろ心身の疲れが出だした頃ではないでしょうか。
環境が同じ方でも、4月といえば色々周りに変化があり、少しは影響が出ているのではないでしょうか。
私自身も日頃は訪問看護の仕事をしていますが、4月から介護保険制度の中でサービス内容に変化があり、かなり仕事が忙しくなっています。

この時期、ストレス症状でとても辛そうな人の話がよく耳に入ってきます。
最近気温も暑かったり寒かったりと温度差も激しく、自律神経の働きも乱れやすくなっています。
そして4月新しい環境となり、1ヶ月くらいたつと新たに立てた目標や思い描いていた理想とは遠い現実に気付き始め、ふっと糸が切れたようにやる気がなくなるといいます。
「5月病」と世間では言われているように、環境に適応できないことによる一時的なうつ状態、意欲低下状態になると言われています。
この大型連休はしっかりと休み、自分の体と心が喜ぶことをしてあげてくださいね。
またそんな方が周りにいらしたら、優しく声をかけ、そっと話をきいてあげてくださいね。

アロマケアも体と心をリラックスさせ、自律神経やホルモンバランスを整え、ストレスで影響を受けた心身を回復させるのにとても大きな力を発揮してくれます。
きっと自分らしく生きていく力になってくれることでしょう。
アロマケアはスタッフのストレスケアとして、職場の福利厚生として導入している企業や病院も増えてきています。

ストレス症状で苦しんでいる方、ケアが必要な方がいらしたら、ご相談くださいね。








ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

“老い”と向き合う

2018.03.25(23:00) 63

 先日ふとしたきっかけで、“老い”をテーマにした歌を見つけました。
曲をYouTubeで聞いてみると、優しい語り口調でまた感動。
そんな内容の詩を紹介したいと思います。
  

 「手紙~親愛なる子供たちへ~」         樋口了一

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを 理解してほしい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように 見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも 私の心を平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消え去ってゆくように
見える私の心へと 励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがるときには 思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり、様々な理由をつけて
嫌がるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
足も衰えて立ち上がることすら出来なくなったなら
あなたがか弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを 知るのはつらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい
きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです
あなたの人生の始まりに 私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに 少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔でこたえたい

私の子供たちへ
愛する子供たちへ

tegami

親から子供へのメッセージを通して、“老い”は悲しいことではないこと、そして“老い”と向き合うことを考えさせられます。



ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

セルフケア~精油とマッサージの力をかりる

2018.02.26(17:40) 59

長男が風邪をひき、少し遅れて私も久々に体調を崩してしまいました。
今年1年頑張ったPTA役員の仕事も次年度の新役員さんに引き継ぎ、今年度最後のイベントも終え、ほっとしたところといったとこでしょうか・・・。

先週末から微熱とともに、痰がからんだ咳が出始め、今日は咳が出だしたらとまりません。
気道が過敏になっており、少しの刺激に対しても過敏に反応してしまっているのでしょう。

肺を強壮し、過剰な粘液を排出し呼吸を深くする作用のあるフランキンセンス
鎮静、粘液溶解作用があり、咳を鎮めてくれる作用のあるシダーウッド
抗ウイルス作用があり、免疫UPをはかってくれるティートリー
・・・をディフューザーに入れ、蒸散させました。

そして少し鼻が通る爽やかな香りが欲しいと思い、ホホバオイルに上記の精油とユーカリ・ラジアタを一滴まぜ、更なる去痰作用を期待してブレンドオイルを作りました。
そして首からデコルテを優しくマッサージしながら塗布していきました。

「皮膚刺激」・・・つまりマッサージによって心を整え、ポジティブな心に変わることができます。
以前に講義を受けたことのある山口創先生の本を読みながら、やっぱり触れることってすごいなーと日頃の活動を振り返り、そして内容からパワーをいただき、ブログを書こうというところまで気持ちが上がってきました。

咳も落ち着いたので、そろそろ動くとします。
今年度ももう後ひと踏ん張り、もちこたえたいものです。
アロマディフューザー

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

2018年 明けましておめでとうございます

2018.01.05(23:23) 54

新年明けましておめでとうございます。
今年も皆様が幸せな1年となりますよう、お祈り申し上げます。

我が家は昨年と同様、御津にある賀茂神社にお参りに行ってきました。
昨年同様お天気も良く、すがすがしい気持ちになりました。
今年かかわらせていただく全ての人々が幸せになるよう、お祈りしてきました。

2018年②

そして心新たに2018年の目標として、
訪問看護においてはアロマケアの確立を目指していきたいと思います。
リハビリスタッフ(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)と同じ患者さんを受け持ち仕事する機会が多い中、多職種のスタッフにもアロマケアを理解してもらえるよう、動いていきたいと思っています。
また苦痛を抱えた必要な患者さんにいち早くアロマをお届けできるよう、連携がスムーズにいくよう、「道」をしっかりと作っていかなければと考えています。

ボランティア活動においては、昨年同様高齢者施設にて活動していきたいと思います。
地域活動として、今年は地域の方々にアロマケアをお伝えさせていただくお話をいただいています。
新しい挑戦として、頑張りたいと思います。

ケアルーム活動では、昨年同様御縁をいただいた方に限らせていただきたいと思います。
訪問看護の休みを利用しての活動になるため、クライアント様にはお待たせしてしまうことと思いますが、ご了承いただきますようお願い致します。

またアロマの可能性を広げていけるようなイベント等には、機会がありましたら出来る限り参加していきたいと思います。

皆様、2018年もどうぞよろしくお願い致します。

2018年①



ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

コウノドリ

2017.10.26(23:00) 44

今楽しみにしているドラマ「コウノドリ」。
続編が今月から始まりました。
産婦人科を舞台に、様々な問題を抱えた妊婦や新生児、そしてその家族に全力で向き合うスタッフ・・・その命の奇跡が描かれています。
命の誕生は・・・生命の奇跡。
出産をする母の力、赤ちゃんの力、そして全力でサポートする家族やスタッフの力・・・色々な力が合わさり出産というイベントを終える。
小さな命が生まれること、それは決して当たり前のことではない。
また産婦人科で起こりうる数々の出来事・・・社会問題としても考えさせられることもあります。
何よりドラマの中でのピアノが素敵。
ピアニストの清塚信也さんがピアノテーマ、監修、音楽を担当されています。
一度清塚さんが姫路に来られ、コンサートに行ったことがあります。
彼の繊細でダイナミックな音色に感動。
話も上手で引き込まれていき、とても魅力ある方です。
そんな清塚さんの音楽CDを、ケアルームでの施術時に流しています。
繊細で優しい音楽を聴きながら施術し、聞こえてくる音色とタッチから感じ取るクライアントさんと一体になりながら、私自身も癒される時間を過ごしています。
先日職場の先輩から「コウノドリ」の漫画をお借りしました。
1話1話考えさせられるストーリーや場面があり、秋の夜長にとても有意義な時間となりました。
テレビドラマの方も原作を忠実に再現しています。
今後も目が離せません。
コウノドリ

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
日々のつれづれ
  1. 五月病(04/30)
  2. “老い”と向き合う(03/25)
  3. セルフケア~精油とマッサージの力をかりる(02/26)
  4. 2018年 明けましておめでとうございます(01/05)
  5. コウノドリ (10/26)
次のページ
次のページ