FC2ブログ

タイトル画像

焼きいもとともにほっこりタイム

2018.05.16(21:45) 67

訪問看護利用中のAさん。
痛みや便秘、そして浮腫みや冷感といった症状があり、入浴後にアロマケアをさせていただいています。

今日の訪問時には焼き芋を食べようと、オーブントースターで焼かれていました。
出来上がりまで30分かかるとのことで、お風呂が終わってから食べてもらうこととなりました。
今日は足の痛み具合は調子よいとのこと。
最近日中の温度が上がったせいか、少し汗ばむ気候となっています。
そのため体内から出ていく水分量も増え、最近はお通じの状態がとても気になります。
また疾患から体の循環も悪く、手足の冷たさやむくみも気になります。

お風呂の後に腹部と両下肢のアロママッサージ。
今日のブレンドは腸蠕動を促し体を温める効果のある精油、オレンジとマージョラムを使用しました。
しんどい日はマッサージ中は話をされないことも多いですが、今日は体調が良いこともありよく話をされます。

そしてマッサージ後は、焼き芋タイムです。
お誘いがあり、一緒にいただくこととなりました。
「ほんと甘くておいしいわ」
そう言われながら、お子さんたちの学生だった頃のお話をきかせていただきました。
Aさんのご家族はとても仲が良く、本当にお母さんのことを大切にされていることがわかります。
きっとAさんもお子さんたちを大切に育てられてきたのでしょう。
そんな中「子供はね、頭がいい悪いなんてどうでもいいと思うの。ただ優しい子に育ってくれたら、それだけでいい。」と優しい笑顔で言われます。
きっと昔も変わらずお子さん達に優しい表情を浮かべながら、話をよく聞いてあげてたんだなぁ・・・と想像できます。
Aさんの穏やかな優しい表情、話される言葉、私自身も心が洗われたような、癒されたようなそんな時間でした。

予定の訪問時間は過ぎてしまいましたが、便秘にも良い焼き芋を食べながらしっかり水分を摂っていただくと共に、育児の大先輩としての教授もいただきました。
いつまでもAさんらしく、素敵なお母さんやおばあちゃんでいられるよう、これからもサポートさせていただきたいと思います。



焼き芋


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

精油の力~訪問看護での一場面~

2018.05.13(21:12) 66

訪問看護利用中の患者様。
先日「胸がドキドキする、息苦しい」と泣きながら電話があり、緊急訪問させていただきました。
訪問時には呼吸も脈拍も正常値内に落ち着いておられ、バイタルサインに異常もありません。
お話を伺うと、昨日あまり眠れなかったため朝から調子が悪かったとのこと。
かといって、昼間に少し眠ることはできない、眠ったことがないといわれます。
また「看護師さんが来てくれると聞いたら、安心した」と言われましたが、苦痛表情です。

体には異常がないことをお伝えし、次から次へとあふれ出てくる思いを聞かせていただきました。
痛みや不安と格闘しながら、日々しんどい思いをしながら生活されています。
今日は2日分ぐっすり休んで欲しい、就寝時間までの時間、孤独感を癒し少しでも安楽に過ごせるようにと、スウィート・オレンジの精油を衣服に貼り帰ってきました。

アロマシール1

シール状の不織布に精油を垂らし、香りを効果的に拡散させます。
精油を数滴滴下すると、約8~10時間香りが持続します。
貼るだけで精油成分の効果を得ることができ、動くたびに香りが広がります。

次の日昨晩は大丈夫だったか気になり、お電話させていただきました。
「昨日は2日分ゆっくり眠れました。本当にありがとう。」と、いつもより明るいお声を聞くことができました。
これからも精油が必要な方の力になってくれますように・・・。



ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

五月病

2018.04.30(22:02) 65

前回の記事から1ヶ月も経ってしまいました。
桜の花が満開の時期から、町の街路樹にはピンクや白のハナミズキの花がとてもきれいに咲く季節となりました。
そして我が家の庭のハナミズキも、今年もきれいな花を咲かせてくれています。

ハナミズキ

いつもこの季節、とても周囲が気になります。
4月新しい環境に身をおかれた方、そろそろ心身の疲れが出だした頃ではないでしょうか。
環境が同じ方でも、4月といえば色々周りに変化があり、少しは影響が出ているのではないでしょうか。
私自身も日頃は訪問看護の仕事をしていますが、4月から介護保険制度の中でサービス内容に変化があり、かなり仕事が忙しくなっています。

この時期、ストレス症状でとても辛そうな人の話がよく耳に入ってきます。
最近気温も暑かったり寒かったりと温度差も激しく、自律神経の働きも乱れやすくなっています。
そして4月新しい環境となり、1ヶ月くらいたつと新たに立てた目標や思い描いていた理想とは遠い現実に気付き始め、ふっと糸が切れたようにやる気がなくなるといいます。
「5月病」と世間では言われているように、環境に適応できないことによる一時的なうつ状態、意欲低下状態になると言われています。
この大型連休はしっかりと休み、自分の体と心が喜ぶことをしてあげてくださいね。
またそんな方が周りにいらしたら、優しく声をかけ、そっと話をきいてあげてくださいね。

アロマケアも体と心をリラックスさせ、自律神経やホルモンバランスを整え、ストレスで影響を受けた心身を回復させるのにとても大きな力を発揮してくれます。
きっと自分らしく生きていく力になってくれることでしょう。
アロマケアはスタッフのストレスケアとして、職場の福利厚生として導入している企業や病院も増えてきています。

ストレス症状で苦しんでいる方、ケアが必要な方がいらしたら、ご相談くださいね。








ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

高岡わいわいフェスティバル

2018.03.30(11:24) 64

勤務先の地域で行われた福祉関連企業による、「高岡わいわいフェスティバル」へ参加してきました。

わいわいフェス2018チラシ

地域包括センターのある館内で行われ、地域のたくさんの高齢者の方が訪れにぎわいました。

福祉用具体験コーナーでは、愛する阪神タイガース仕様の電動カートがありました。
私もタイガースが優勝したら、このカートに乗って町内を周れるくらい元気なおばあちゃんになりたいと思いました。(笑)

わいわいフェス3

そして勤務先の理学療法士さんによる、「転倒予防」のお話。

わいわいフェス1

音楽療法では、音楽を通して会場が楽しい雰囲気に包まれました。

わいわいフェス2

私もスタッフとして、健康チェックのお手伝いをさせていただきました。
そしてわがステーションのPRもかねて、パネル展示をさせていただきました。
アロマケアについても、ちょこっと入れさせていただいていますo(^▽^)o

わいわいフェス4

地域の方や福祉関連の色々な事業所の方と触れ合うことができ、とても楽しい時間でした。
ありがとうございました。


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


イベント トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

“老い”と向き合う

2018.03.25(23:00) 63

 先日ふとしたきっかけで、“老い”をテーマにした歌を見つけました。
曲をYouTubeで聞いてみると、優しい語り口調でまた感動。
そんな内容の詩を紹介したいと思います。
  

 「手紙~親愛なる子供たちへ~」         樋口了一

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを 理解してほしい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように 見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも 私の心を平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消え去ってゆくように
見える私の心へと 励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがるときには 思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり、様々な理由をつけて
嫌がるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
足も衰えて立ち上がることすら出来なくなったなら
あなたがか弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを 知るのはつらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい
きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです
あなたの人生の始まりに 私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに 少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔でこたえたい

私の子供たちへ
愛する子供たちへ

tegami

親から子供へのメッセージを通して、“老い”は悲しいことではないこと、そして“老い”と向き合うことを考えさせられます。



ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
  1. 焼きいもとともにほっこりタイム(05/16)
  2. 精油の力~訪問看護での一場面~(05/13)
  3. 五月病(04/30)
  4. 高岡わいわいフェスティバル(03/30)
  5. “老い”と向き合う(03/25)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ