タイトル画像

今日はとても嬉しい日

2017.10.05(20:41) 40

今日は高齢者施設でのアロマボランティアの日でした。
いつものお顔の利用者さんが今日もいつもの席に座られ、それぞれの時間を過ごされていました。

いつも煙草の香りのする利用者さん(2017/01/17記事:高齢者施設にて気になる利用者様)もいつものお席にいらっしゃり、ふと席を立っては室内をウロウロされていました。
席に座られたタイミングでお声をかけると、すっと腕を机の上に出して自ら腕時計を外してくださいました。
この場所でハンドマッサージを受けられるのは今日で5回目くらいだと思います。
相変わらず手先は氷のように冷たいですが、なぜか今日は煙草の香りはしません。
もしかしてやめれられたのかしら・・・とふと思いました。
私のマッサージを受けている間、施術されている手をじっと見つめ、すごく穏やかで優しい表情をされていました。
マッサージを終えると、「ありがとう」としっかりした声で、お礼を言われました。
そしていつもならオイルのついた手をタオルで執拗に拭かれるのですが、今日は全くそのような行動はされません。
”今日はタオルで手をふかなくて大丈夫ですか?”と尋ねると、そっとうなずかれました。
今日はかかわり触れられることを最初から最後まで受け入れて下さったご様子でした。
月に1回の訪問ではありますが、少しずつ少しずつ1年以上かけて、心の距離感が縮まってきたのがわかります。
今日はとても嬉しい日でした。

シスナブ御津作品

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
タイトル画像

訪問看護指示書に「アロマセラピー」パート2

2017.09.30(21:12) 39

訪問看護でアロマケアをさせていただいている利用者様。
両足の麻痺があり、朝から晩まで24時間両下肢のしびれという苦痛を抱えられています。
また車いす生活であり、移乗時には全体重を上半身で支えられ、いつも肩がパンパンにはられています。
主治医の先生から訪問看護指示書をいただきました。
“アロマセラピーよろしく”との文字が・・・。
「はいっ!承知いたしました!」
背筋がピンとまっすぐになり、気持ちが引き締まります!
おまかせください!
訪問看護指示書2

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

訪問看護指示書に「アロマセラピー」

2017.09.15(22:02) 38

在宅では主治医から訪問看護の指示があり、始めて私達訪問看護師が介入することができます。
下記が指示書になります。

訪問看護指示書

現在訪問看護でアロマケアをさせていただいている難病の利用者様、痛みと倦怠感でベッドから動けないほどしんどい日々が続いていましたが、アロマケア介入してから旅行まで行けるようになられました。

アロマケアを看護計画にあげ、そして毎月訪問看護報告書の中でアロマケアの実施状況を主治医の先生に報告書として提出しています。

そして指示書には「アロマセラピー」という言葉が・・・。

訪問看護指示書~アロマセラピー~

こうして少しずつですが、看護ケアとしてのアロマセラピーへの理解を広めていければと思っています。






ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

剣道1級いただきました♪

2017.09.10(23:52) 37

剣道を始めて2年が過ぎ、剣道1級の免状をいただきました。

次男坊が剣道を始めたのが3年半前。
週末子供についていくうちに私もやってみたくなり、1年を過ぎた頃に勢いで始めてしまいました。
剣道着を着て、竹刀を振り、足さばきや人形相手に基本練習の時は楽しくて、楽しくて。
でも垂れや面といった防具をつけると、ずっしり重いのと視界も狭まり全然体が動かない。
そして少しさぼると、これまた体が動かなくなり・・・。
みんなの練習に何とかついていくことが、ここ近年の目標でした。

子供の1級は、会場に行って審査員の先生にきちんと審査してもらうことが必要ですが、大人の1級は県の剣道連盟に登録し、剣道教室の大先生に認めてもらえればいただくことができます。
子供の手前、簡単にはリタイアできない環境に身をおいていますが、頑張って続けてきて良かった。
次男坊が剣道を続けている間は、励まし合いながら一緒に通おうと思います。


剣道1級


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


剣道 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

塗り絵

2017.08.18(00:19) 36

昨日は高齢者施設でのアロマの日でした。
この猛暑の体調の崩しやすい時期ではありますが、いつもの顔ぶれがあり、皆さんお元気そうな姿で安心しました。
小さな紙を爪楊枝を使って丸めている方、その丸めた紙をのり付けして作品を作られている方、TVで高校野球を見られている方、スタッフの方と一緒に体操をされている方・・・各々にそれぞれの時間を過ごされていました。

その中で今年82才になられるAさんは、アイロンがきっちりあたっているYシャツ、スラックス姿で、腕には腕時計もはめられ、いつものように定位置に座り塗り絵をされていました。

塗り絵2

長身で背筋もしっかり伸び、ダンディなおじさまのイメージです。
“いつもピシッとされた素敵な格好でいらっしゃいますね”と話しかけると、「男たるもの、外に出るときはきちんとした格好をせなあかん」と返ってきました。
Aさんは昔は野球もソフトボールも相撲も経験あるスポーツマン。
カラオケも上手で、近隣のホールでよく歌われていたそうです。
年を重ねてからは社交ダンスもされ、指導者の経験もあられる方です。
だから姿勢もいいのかと納得。
3年前に奥様を亡くされ、現在は娘さんご夫婦と同居されています。
そして今までの塗り絵の作品を見せてくださいました。
その中であまりにも鮮やかで感動したので、許可のもと写真をとらせていただきました。

塗り絵1

昨日塗ったというこの作品は完成まで1時間半かかられたそうです。
色々な色を使って、華やかにみせることに工夫したと言われます。
そしてハンドマッサージを受けながら、亡くなられたお嫁さんと結婚する前に、お付き合いされていた方のお話をされました。
「何であの娘と結婚せんかったんやろー。両親も周りはみんな結婚すると思ってたのに、言うこと聞いとけば良かった・・・。」と。
そんな昔を思い出しながら、この絵を塗られたのかもしれません。
「話し相手が欲しい。娘だけじゃーね。」と言われ、短い時間にたくさんお話をされました。

最近では高齢者施設でのレクリエーション活動として、よく塗り絵が行われています。
塗り絵には脳全体を活性化させ、脳を若返らせてくれる効果があります。
まず塗り絵の下絵を目の前にすると、人はどのような絵かを認識しようとします。
そこで働くのが脳の後ろの部分である後頭葉です。
そしてその下絵を認識しながら、過去に自分が見てきた形や色を参考にしようと記憶を思い出そうとします。
そこで働くのが脳の側面部分である側頭葉です。
次にその下地全体のバランスを考え、どこに何が描かれているかを把握し、その構図を覚えるのが頭頂葉です。
そしてこのように整理が出来たら、これらの情報が前頭葉に送られ、その情報をもとに前頭連合野を働かせ「ここに何色を塗ろうか?」「ここはどんな感じで塗ろうか?」など考え、その考えに従って前頭運動野を働かせて手を動かしていきます。
このように塗り絵は脳全体を柔軟に活性化することができ、脳の老化を喰い止める効果が期待できます。

また認知症のリハビリの一つに「回想法」というリハビリがあります。
昔の記憶を思い出すという行為の際に、脳の海馬や前頭葉を活発に刺激する事で、認知症の進行を喰い止めることができると考えられています。
回想法はそこで昔を思い出し、それを人に話すというコミュニケーションが加わるので更なる脳への効果が期待され、脳を安定させると言われています。

塗り絵をきっかけに、昔を思い出しながら、人に話すこと・・・それを助けるお手伝いを私自身とアロマを使ってさせていただきました。
また来月お会いしましょうね!

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
  1. 今日はとても嬉しい日(10/05)
  2. 訪問看護指示書に「アロマセラピー」パート2 (09/30)
  3. 訪問看護指示書に「アロマセラピー」(09/15)
  4. 剣道1級いただきました♪(09/10)
  5. 塗り絵 (08/18)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ