FC2ブログ

タイトル画像

石鹸に願いを込めて・・・メリークリスマス!

2018.12.24(23:12) 87

今年も残すところ、後1週間となりました。
自宅ケアルームでは、先日今年最後のクライアントさんの施術を終えたところです。
そして明日は訪問看護でアロマケアをさせていただいている患者さんの、今年最後の訪問日となります。
今年1年の感謝の気持ちを込めて、またクリスマスプレゼントとして、手作り石鹸をプレゼントする予定でいます。

我が家では何年間も、手作り石鹸を愛用しています。
そしていつもお世話になっているのが、手作り石鹸教室Mauruuruさんです。
石鹸教室では自然や体にやさしい材料で、その季節を楽しみながらデザイン性のある石鹸が作れるよう、1から10まで丁寧に教えてくださいます。
今回は今年1年お世話になった方々が、この寒い季節に“風邪やインフルエンザにかからず元気に過ごしてほしい”という願いのもと、講師のMAKI先生の助言を受けながら作らせていただきました。
使用した精油は、ユーカリ・ラジアタ、ラベンダー、レモンマートル、ティートリーです。
石鹸を使用しながら、清涼感のある香りでホッとひといきつき、そしてなお感染予防、免疫UPにつながるという優れものの石鹸です。
担当させてもらっている患者さんやご家族、ケアルームに通ってくださっているクライアントさん、職場のスタッフの方々等、お世話になった方々への贈り物としてお配りする予定です。

私がアロマセラピーの道に進んでいったきっかけは、全てここの石鹸教室からです。
教室で初めて精油の香りを嗅ぎ、「いい香り~♪」と一瞬にして気分が変わる体験をしました。
そして教室から帰る頃には、明らかに来た時とは違う“癒された”状態になっていました。
香りとは、こんなにすごい効果があるのかと驚きました。
何とかこの香りの力を使って苦痛のある患者さんを楽にできないかと考え、色々調べに調べたどり着いたのが2年間通った臨床アロマセラピーの学校でした。
そして今、臨床アロマセラピストとして苦痛を持たれた方々の生きるサポートをさせていただけていることに感謝し、石鹸に願いを込めて・・・。
メリークリスマス!!

風邪予防の石鹸


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

ゼラニウムの効果

2018.12.21(00:07) 86

先日、アロマケアの患者さん宅へ訪問したところ、隣町に住むお嫁さんが尋ねてこられていました。
「アロマって一体どんなことしてくれるん?」「どんな効果があるん?」と興味津々な様子。
実際にアロマケアをしている現場を、見学されることとなりました。

施術をしながら使用している精油の説明をし、この1年間お義母さんにアロマケアを継続した効果をお伝えすると、「へぇ~、やっぱりアロマって効果あるんやなー」と言われました。
そして近年更年期症状で苦しんでおり、大好きなゼラニウムな香りが、症状を緩和してくれたと教えてくださいました。

ゼラニウムはローズと同じ成分を含んでおり、バラのような甘さを含んだ香りで、ミントのような清涼感を感じる香りです。
女性ホルモンや自律神経のバランスを整えてくれたり、皮膚を軟らかくしスキンケアにも良い精油です。
特に更年期の様々な不快な症状に、力になってくれるでしょう。
ローズやイランイランといった華やかな香りが苦手な方も、同じお花系でもゼラニウムの香りはOKという方が周りに多くおられます。

ゼラニウム(植物)

私もゼラニウムは好きな香りの1つですが、日によって受けつけない時もあります。
その時の女性ホルモンのバイオリズムによっても左右するのかなと思います。
脳が心地よく感じれば、今その時の自分にとって必要な香りなんだと思い選びます。

次の日、神戸新聞にゼラニウムの記事が載っていました。
またお嫁さんにお会いしたら、お渡ししようと切り取りました。
こうしたエビデンスが増えていき、多くの人の力になるといいなぁ・・・。

ゼラニウム記事










ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

セラピスト冥利に尽きる瞬間

2018.12.01(23:33) 85

気温も低くなり、そろそろ厚手のシャツが必要になってきました。

そんな中、難病の患者さんの訪問日でした。
「今日は足が痛くて調子が良くないの」と表情も芳しくありません。
とても眠たい時間なのか、最近は訪問すると眠気まなこのことが多いような気がしています。
お話を伺うと、夜中眠れずごそごそしていたり、日中うとうとされることも多いとのこと。
また手足の冷えや、血圧の変動等、寒さに体がついていかないようです。
朝なかなか体も動かず、着替えることも大変になられてきています。
でも「家族が良くしてくれるから、がんばらないと」と言われます。

今日の私の役割は、安全にお風呂に入ってもらうサポートをすること。
そしてアロマセラピーを用いて、保温、緊張緩和、自律神経バランスの調整、痛みやむくみの緩和への援助を行い、心地よい時間を提供すること、そして気持ちも緩めていくことが目標です。

お風呂の後、両下肢をアロマオイルでゆっくりマッサージしていきました。
使用した精油は、ラベンダーとローズマリー。
他の精油は匂いがわからないけど、唯一ローズマリーだけは香りがわかると言われます。
マッサージ中は、ご家族との思い出話に花を咲かせ、「マッサージしてもらっている間は痛みがないの」と笑顔で話されます。

マッサージが終わると、ベッドで少し休まれます。
体が温まり、緊張がほぐれ、精油の効果なのか表情もすっきりされています。
そして「ありがとう」とお礼を言われ、とびっきりいい表情をされます。
訪問した直後とは、まるで別人です。
私はこの表情を見るのがとても好きで、セラピスト冥利に尽きる瞬間です。

今晩は朝までゆっくり眠れますように・・・。

egao H


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

天国へ・・・

2018.11.07(22:52) 84

先日、受け持ちをさせていただいていた患者さんが天国へ召されました。
コミュニケーション障害のある方でした。
そして1年数か月前まで、毎週お会いしていた方でした。
その後は施設や病院を転々とされていたそうです。
その方は身寄りがなく、後見人の方が色々お世話をされていました。

仕事中の突然の電話、後見人さんからの訃報でした。
「八木さんにはほんと良くしてもらったので、最期までよく覚えておられました。ありがとうございました。」と。
最期は痛みもなく、苦しむこともなく、天国に召されたとのことでした。

会館での御通夜。
どうしても最期にお会いしたくて、急いで向かいました。
後見人さんと私と住職さん、3人だけの御通夜でした。
患者さんは以前と変わらず、優しいお顔をされていました。
後見人さんと患者さん、そして訪問看護師である私。
以前問題が発生するたび、何度も3人で顔を突き合わせて話合いをしたものです。
限られた時間でしたが、後見人さんと共にたくさんの思い出話に花を咲かせました。

今日どうしても御通夜に行かないと・・・と思ったのは、最期にその患者さんにお会いしたかったこともありますが、後見人さんへのケアのためでもあります。
その後見人さんはとても心の通った方であり、6年間ずっと患者さんをしっかり支えてこられました。
一緒に旅行に行かれたこともあるようで、家族と同じくらいに愛情をもって接しておられました。
御通夜もたくさんの写真やお花をお供えし、本当に心のこもった葬儀でした。
後見人さんが自分自身で気持ちの整理ができるようしっかり話をお聞きすること、そして感情を共有することがケアにつながります。

私達が出会う患者さんやご家族とのお付き合いは、いろいろな意味でいつか必ず別れがあります。
その方々にとって今自分ができるベストなかかわりをすることを目標としていますが、反省だらけの日々です。
でもこうしてたくさんの患者さんに、成長できる場を与えていただき本当に感謝しています。
亡くなられた患者さんや後見人さんとの出会いも、たくさんのことを教えていただいた貴重な出会いでした。

いつの日か、また天国でお会いできる日を楽しみにしていますね。

天国へ


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

パタカラライブ

2018.10.28(17:31) 83

とある高齢者施設で行われた、「パタカラライブ」に行ってきました。

姫路出身のシンガーソングライター種浦マサオさんが、高齢者の誤嚥性肺炎予防活動のために行なわれたステージでした。
よく知っている歌を替え歌にした歌詞をみんなで歌い、笑い、利用者さんもケアスタッフの方たちも、みんなでとても楽しい時間を過ごしました。

パタカラライヴ1

「瀬戸の花嫁」の歌を歌うと、お嫁にきたときのことを思い出し、涙される人もいました。
「北国の春」の替え歌では、食べ物のことを連想することで唾液がでると共に消化管の活動も良くなり、また歌詞の内容からプッと笑いがおき、体の中ではたくさんの良い反応がおこっていることが想像できます。

パタカラライヴ2

種浦さんが作られた「パタカラ音頭」という歌は、
“パタカラパタカラ どんどんどん”
手拍子がおこり、体が自然に動くような拍子のリズムでした。
「ぱ」「た」「か」「ら」という言葉を発声することで、食べ物を上手にのどの奥まで運ぶために必要な筋肉を鍛えられます。
嚥下に問題がある人は、食事前にパタカラと数10回発声し、口を動かしてから食事を食べると誤嚥予防に良いと言われています。
また歌うことは、表情筋、口輪筋、舌を使い喉を鍛えることができます。
そして幸せな気分にもなります。

歌を通して楽しく口腔リハビリをすることで誤嚥性肺炎を予防し、いつまでも自分の口から食事を美味しく食べてハッピーな気持ちで生きていく・・・種浦さんの活動も、私が行っているアロマセラピー活動と同じ、病気を予防し、いつまでもその人らしく過ごしていくサポートをしている取り組みだと感じました。
そんな素敵な取り組みが、これからどんどん広まっていくといいなぁ・・・。

追記:ちなみに種浦マサオさんの経歴を調べると、私の出身高校の先輩でした。(*´∀`人 ♪



ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
  1. 石鹸に願いを込めて・・・メリークリスマス!(12/24)
  2. ゼラニウムの効果(12/21)
  3. セラピスト冥利に尽きる瞬間(12/01)
  4. 天国へ・・・(11/07)
  5. パタカラライブ(10/28)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ