FC2ブログ

タイトル画像

薬局でのアロマ活動

2022.02.15(21:43) 147

2022年が明け、ばたばたと過ごし気が付けば2月になっていました。
コロナやオリンピック、そんな話題で世の中は賑わっています。
久々のブログの更新となりました。
年末の話題となりますが、どうしてもこの記事は載せておきたい!と思いました。

訪問看護でアロマケア中の患者さん。
月に1回、県内の大学病院まで通院されています。
受診が終わり、調剤薬局で見つけたという本。
「勉強になったらいいんだけど・・・」と言われ、いただきました。

Yさんからのプレゼント

薬局が患者さんのセルフケアのために、アロマ用品の導入、薬剤師さんにアドバイスできるように教育されています。
また薬局がアロマを導入することで医療とアロマをつなぐ架け橋となり、薬局が癒しを提供し地域に密着して人々の健康を支える活動をしておられます。

私と目指すものは一緒だなぁ・・・と、とても嬉しく思いました。
アロマは薬のように即効性はないですが、不調を根本からケアできるという可能性を秘めています。
こうして医療の分野でアロマ活動される方が、どんどん増えていくといいなぁと心から思います。



ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
タイトル画像

アロマセラピー学会2021&年末のご挨拶

2021.12.31(23:59) 146

昨年からアロマセラピー学会はオンラインで行われるようになりました。
以前までは年1回の総会に参加するには、開催される地域まで移動し宿泊してと大変でした。
しかしコロナの影響で、昨年度からオンライン参加という形で自宅で聴講させていただけるのがとてもありがたく感じています、

アロマ学会2021

卒業したアロマの学校の先輩方が立派に発表されている姿に、さすが!と感動しました。
「そうそう!こんな発表が聴きたかった!」と思う内容のものばかり。
昔アロマの学校に通っていた頃を思い出しました。
月1回の授業を聞くたびに、心を熱くして帰ってきていたあの頃。
アロマセラピーを使ってケアすること、周囲とのかかわり、そして自分自身。
少し行き詰まりを感じていた中、今回学会に参加できて良かったです。

さぁ今年も後わずかとなりました。
今年やり残したことは、来年に持ち越しとなりそうです。
コロナ禍の中でしたが、訪問看護でのケアは計画通り行うことができました。
高齢者施設訪問はストップした1年でした。
自宅ケアルームでのアロマセラピスト活動は、希望があった方のみ施術させていただきました。
来年は少し新しい方向性を模索しながら、引き続き活動していきたいと思っています。
関わらせていただきました皆様、またブログを読んでくださっている皆様、今年も1年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


学び時間 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

日々の心得

2021.12.05(22:19) 145

先日の訪問から2週間がたちました。
前回ブログで登場された患者さんの訪問でした。
お庭のお花が活き活きとしており、ちゃんとお世話が行き届いていることがうかがえます。
・・・ということは、患者さんの調子も良さそうです。

Tさん1 Tさん2

お話をお伺いすると、デイサービスにも行けるようになり、調子よく過ごされているとのことでした。
そして「以前に何かの本を読んで写したものがでてきたの」と1枚の紙をみせていただきました。
そしてそれを見て、もう一度筆書きされたと言われます。
薬の副作用で体の震えもあり不安定な中、拍手ものの達筆です。

Tさん心得

本当に良い言葉です!
パーキンソン病とは、脳の中のホルモンが不足して、手足が動かしにくくなる病気です。
様々な心身の症状とうまく付き合いながら、生活していくことが大きな課題となります。
緩やかに進行していくため、難病の中でも長生きすることが可能です。
もうかれこれこの疾患とお付き合いして、10年がたったといわれます。
体調の良い時間帯にはショッピングに行き、また理学療法や言語療法といったリハビリテーションも真面目に取り組まれています。
少しずつですが、疾患による症状も受け入れられ、うまく付き合っていこうとされています。
その陰には、ご主人の力強いサポートがあります。
筆で書かれたこの言葉はとても前向きで、力をいただける文面だと思いました。
他の同疾患患者さんにも教えてあげれたらと思い、写真を撮らせていただきました。

パーキンソン病だけでなく、どんな病気や状態であっても言えることだと思います。
私自身も新しい挑戦をし続けること、知的好奇心を持ち続けていくこと、運動も続けていかなければと気持ちを正されました。
来年の目標をたてます!!





ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

チョコレートコスモス

2021.11.13(21:39) 144

ある難病を抱え生活されている患者さん、3か月に1度の訪問でしたが、最近では役割をいただき月に2回訪問させていただいてます。
調子良い時、悪い時、不安でいっぱいな時・・・色々なお顔を見せて下さいます。
今回の訪問では自宅に到着した途端、庭に鮮やかなお花が目に留まりました。
最近は調子よく過ごされていることが、すぐにわかりました。
最近ではガーデニングにはまっていると言われます。

花壇

「チョコレートコスモスって知ってる?チョコレートのにおいがするのよ」と教えて下さいました。
鼻を近づけてみると、本当にチョコレートの香りです。
花の色も香りもチョコレートを想像させます。
初めて知る植物との出会いに、何だかとても感動してしまいました!
チョコレートコスモス

次回訪問は2週間後です。
患者さんの状態も、お庭も見せていただくのも大切な役割となりそうです。

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

旅立たれました

2021.11.13(21:13) 143

先日、週1回アロマケアで訪問していた患者さんがお亡くなりになられました。
後数か月の命と主治医の先生から告げられ、訪問看護が開始になりましたが1年以上も穏やかに過ごすことができました。
全身倦怠感と咳が主症状でした。
誤嚥の危険性が高く、アロマケアでは咳や全身倦怠感が少しでも楽になり、呼吸器を強壮しながら穏やかな時間が過ごせるようケアしていくことが目的でした。
アロママッサージ中は、お仕事で色々な場所に行かれ色々な方とかかわられていたこと、お子さんやお孫さんのことなどをよくお話してくださいました。
その中でいつも一生懸命介護してくださっている娘さんへの感謝の気持ちを伝えられることもあり、そのことをそっと後から娘さんへもお伝えしたりしながら、かかわらせていただいていました。
家の大切な事はすべてご家族に引き継ぎしっかり旅立つ準備ができ、ご家族に囲まれながらの最期だったとのこと。
本当に最後までこの方らしい生き方を全うされたと感じています。

亡くなられた夜は、アロマケアでよく選んでいたフランキンセンスとユーカリの香りを蒸散させながら、かかわらせていただいた1年間を感謝しお祈りしました。
この香りがすると、これからもきっとこの方が思い出されることでしょう。

お見送り

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(1) | [EDIT]
  1. 薬局でのアロマ活動(02/15)
  2. アロマセラピー学会2021&年末のご挨拶(12/31)
  3. 日々の心得(12/05)
  4. チョコレートコスモス(11/13)
  5. 旅立たれました(11/13)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ