タイトル画像

セルフケア~精油とマッサージの力をかりる

2018.02.26(17:40) 59

長男が風邪をひき、少し遅れて私も久々に体調を崩してしまいました。
今年1年頑張ったPTA役員の仕事も次年度の新役員さんに引き継ぎ、今年度最後のイベントも終え、ほっとしたところといったとこでしょうか・・・。

先週末から微熱とともに、痰がからんだ咳が出始め、今日は咳が出だしたらとまりません。
気道が過敏になっており、少しの刺激に対しても過敏に反応してしまっているのでしょう。

肺を強壮し、過剰な粘液を排出し呼吸を深くする作用のあるフランキンセンス
鎮静、粘液溶解作用があり、咳を鎮めてくれる作用のあるシダーウッド
抗ウイルス作用があり、免疫UPをはかってくれるティートリー
・・・をディフューザーに入れ、蒸散させました。

そして少し鼻が通る爽やかな香りが欲しいと思い、ホホバオイルに上記の精油とユーカリ・ラジアタを一滴まぜ、更なる去痰作用を期待してブレンドオイルを作りました。
そして首からデコルテを優しくマッサージしながら塗布していきました。

「皮膚刺激」・・・つまりマッサージによって心を整え、ポジティブな心に変わることができます。
以前に講義を受けたことのある山口創先生の本を読みながら、やっぱり触れることってすごいなーと日頃の活動を振り返り、そして内容からパワーをいただき、ブログを書こうというところまで気持ちが上がってきました。

咳も落ち着いたので、そろそろ動くとします。
今年度ももう後ひと踏ん張り、もちこたえたいものです。
アロマディフューザー

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

介護者にも精油の力を

2018.02.18(14:36) 58

 現在訪問看護で、3人の患者さんにアロママッサージを看護計画にあげ、定期的にケアさせていただいています。

アロマケアを介入してから、症状コントロールもうまくいき、とても良い状態になられている患者さんのご家族からも精油の相談をうけるようになりました。
毎日側で介護している中、みるみる患者さんがよくなっているのを目の当たりにし、ご家族の方もアロマに興味をもたれているようです。
同じように持病をもつご自分へのセルフケアとして、精油の活用をしていこうとされています。

ご家族は日々患者さん中心の生活の中介護をされ、患者さんよりもケアが必要な時もあります。
訪問時間内になかなかご家族まで行き届いたケアをしきれていないのが現状でもあり、今後の課題でもあります。

香りが、ご家族の苦痛や疲労も緩和することへも力を貸してくれますように・・・。

精油☆




ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

今年初☆アロマボランティア活動の日でした

2018.02.01(23:00) 57

今日は、2か月ぶりの高齢者施設でのアロマボランティア活動の日でした。
先月は多忙のためどうしても行くことができませんでした。
インフルエンザが流行っているため、マスクを着用しての活動でした。
今日のブレンドオイルは、いつものリラックス系とリフレッシュ系のオイルにティートリーを一滴まぜ合わせました。
ティートリーの精油は抗ウイルス作用があり、感染症予防に大きな力を発揮してくれます。
インフルエンザや風邪のウイルスから、利用者さん達を守ってくれますように・・・願いを込めて・・・。

ティートリー

今日1番最初マッサージを受けて下さった女性の利用者さん、
「前おみえになってから、最近全然来られないから、どうしたのかなーって思っていたのよ」と声をかけていただきました。
気にかけていただいて、すごく嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
そして先日転倒した話から始まり、とても利口な牛のお話を聞かせて下さいました。

いつも煙草の香りがしていた利用者さん、今日も煙草の香りがしません。
そして今日も落ち着かずウロウロされています。
お声かけすると、すっと両手を差し出して下さいました。
いつも氷のように冷たい手は、今日は少し温かいです。
席に落ち着いて座り、穏やかな表情でマッサージを受けて下さいました。

今日も皆さんお元気そうな様子が見れて、良かったです。
今年6月にはこちらの施設内で、地域の方にアロマをお伝えする機会をいただいています。
構想を練りつつ、少しずつ準備を進めていきたいと思います。

セミナー計画書









ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

旅行のお土産をいただきました♪

2018.01.25(00:01) 56

今日は、難病で臥床状態から旅行まで行けるようになられた患者さん(2017/10/11記事:サービス担当者会議にて)の看護訪問日でした。

自室内でも、スムーズに伝い歩きできるまで回復されました。
調子が良い日は入浴をされ、足や腰の痛みが強くしんどい時はアロマケアを希望されます。
最近は、調子が良い日の方が多くなられたような気がします。
アロマの出番は少し減りましたが、患者さん自身良い方向へ向かわれているのでOKです。

そんな中、また旅行に行ってきましたとお土産をいただきました。
親族4人で温泉に入り、おいしい懐石料理を食べながら、いっぱい話して、大笑いし、すごく楽しかったと嬉しそうに話してくださいました。
あの時、あのタイミングでアロマケアを介入することができて本当に良かった。
患者さんの笑顔を見ながら、私自身も嬉しい気持ちになりました。


温泉土産


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

精油ポーチを開くと・・・

2018.01.14(01:22) 55

ある難病の患者さんの看護訪問でした。
言語障害があり、筆談にてコミュニケーションをとられています。
現在患者さんの心身の状態もしんどく辛く、その中で自分自身を奮い立たせ必死に頑張っておられます。
そしてその患者さんの力に少しでもなろうと、希望に答えようと看護スタッフも必死にサポートしています。
そんな中、私合わせて看護スタッフ3人と患者さん1人との空間でした。

アロマストーンが窓際においてあったので、「香りはお好きですか?」と患者さんに尋ねると、うなづかれ『かんきつけいが好き』『オレンジ』とノートに書かれました。
いつも持ち歩いている精油ポーチからスイート・オレンジの精油を取り出そうと、ポーチを開けると・・・
ふぁ~ っと精油の香りが空間に広がりました。
患者さんも一気に表情が変わり、笑顔になりました。
そしてノートに『いい香り』と書かれました。
その場にいたスタッフも「ほんといい香りだね~」と、笑顔です。
アロマシールにオレンジ精油を数滴たらし衣服に貼り、香りのプレゼントをさせていただきました。

少しでも苦痛から放たれる時間でありますように・・・。
そして数々の症状と向き合い、受け入れ、そして生きていく力の一助となりますように・・・。

空間を一瞬にしてなごやかな温かい雰囲気に変えてしまう瞬間を目の当たりにし、香りの力ってやっぱりすごいなと改めて思った日でした。

精油ポーチ

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
  1. セルフケア~精油とマッサージの力をかりる(02/26)
  2. 介護者にも精油の力を(02/18)
  3. 今年初☆アロマボランティア活動の日でした(02/01)
  4. 旅行のお土産をいただきました♪(01/25)
  5. 精油ポーチを開くと・・・ (01/14)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ