FC2ブログ

タイトル画像

2019年、ありがとうございました。

2019.12.29(21:16) 107

今日は、ケアルームでの今年最後のクライアントさんの施術でした。
Aさんにアロマケアをさせていただき、もうかれこれ4年以上の月日がたちました。
Aさんは様々な疾患を抱えながらも、家族をしっかり支え日々の生活を過ごしておられます。
ケアルームでは、しっかり弱音をはいていただき、自分の思いを口に出せる場になるよう、かかわらせていただいています。

施術が終わり、地にしっかり足をつけ、帰って行かれるAさんを見送ります。
そしてケアカルテを記入し、今日の私のかかわりはこれで良かったのか、自問自答します。
あれからどうなったのだろうとAさんのことを気にかけながら、次回また連絡してこられるのを待ちます。

2019年も訪問看護、ケアルーム、高齢者施設でアロマを通して利用者さんやクライアントさんとかかわらせていただきました。
新しい出会いもありました。
また職場の色々な専門職のスタッフに、アロマケアの勉強会もさせていただきました。
2020年は、もっと深みのあるセラピストを目指して、勉強はもちろん自己探求をしていきたいと思っています。
必要な方にアロマをお届けできますよう、またアロマで関わらせていただく方がもっともっと良いケアを受けることができますように・・・頑張っていきます。
2019年、ご縁をいただいた皆様、また応援して下さった皆様、私と関わらせていただいた皆様、本当にありがとうございました。
2020年もどうぞよろしくお願い致します。

感謝


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


日々のつれづれ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

早く症状が落ち着きますように・・・。

2019.12.27(20:02) 106

12月に入り、気温の寒暖差もあり、体調の悪くなる患者様が増えてきています。
実は私も先日インフルエンザウイルスに感染し、1週間仕事をお休みさせていただいていました。
予防注射をしていても、感染するときはするんですね。
軽くすむかと思いきや、症状も強く、久しぶりに大変な思いをしました。

毎週アロマケアをさせていただいている患者さんも、ご家族の風邪が引き金となり、喘息症状が出現し毎日点滴を受けられています。
アロマケア導入となり2年間、大きな喘息症状はなく、心身共に安定して過ごされてきました。
アロマケア導入時の主治医の先生の指示が、「喘息があるので、なるべく刺激しないように気を付けてください」とのことでした。
そこで刺激の強い成分の精油は避け、鎮静・呼吸器強壮効果の高いフランキンセンス、気持ちをあげてくれるオレンジの精油を使用し週1回背部や両下肢を中心に濃度にも注意しアロマケアを行ってきました。
最近喘息症状が長引いてからは、オレンジに変わり更にリラクゼーション効果の高いプチグレインを使用しアロマケアを行っています。
早く症状が落ち着き、点滴をしなくても過ごせる毎日に戻れますように・・・と願うばかりです。

今日今年最後のアロマケアをさせていただきました。
年末年始は、訪問看護で毎日点滴があります。
お正月が明けて訪問するまでには、良くなられていますように・・・。

SさんAm


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

親学講座へ参加してきました

2019.11.11(14:46) 105

長男の通う高校では保護者向けの勉強会があり、4月に入学してからというもの、時々主人と一緒に参加させていただいています。
先日の議題は“「7つの習慣」を活用した子供との効果的な接し方”というものでした。
「7つの習慣」とは、スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた成功哲学書です。
40か国以上の言語に翻訳され、全世界で2000万部を越えるベストセラーとなっています。
長男の通う高校では、入学当初からこの考え方を授業の中で学び、高校3年間を通して実践へと結びつけるような指導を受けることができます。
そしてその考え方を活用して、子供をしっかりサポートしていくような親のかかわり方を教えていただいた講座内容でした。

○認める・褒める・一緒に喜ぶこと
○ストローク(あいさつ、励まし、称賛、アイコンタクト等)を意識して与えること
○より可能性を広げることのできるとらえ方に変えてあげる(パラダイムシフト)
○水平比較(誰かと比較)ではなく、垂直比較(昨日より今日、今日よりも明日の自分を評価する)をする

そんな親のかかわりが、子供が自分に対してチャレンジしていくことを支え、可能性を広げてくれることにつながるというものでした。

そして心に残った言葉は・・・
『成功』の反対は?
「失敗」ではなく・・・
“何もしない”こと

チャレンジすることが大切と。

早速家に帰ってきた長男に、“「成功」の反対は何?”と聞いてみました。
『“何もしない”ことやろ?』と即答。
ちゃんと授業を聞いて学んでいることがわかり、ひと安心しました。

さぁ、親としてもしっかり実践していかなければ・・・と姿勢を正されました。

親学講座「7つの習慣」


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


学び時間 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

‘語り’を受け止めること

2019.10.22(21:13) 104

台風も過ぎ去り、ほっと一息です。
地域ではお祭りで、太鼓の音や屋台が賑わっています。

今月の高齢者施設への訪問は、初めて訪れる曜日でした。
いつもの顔もあれば、“初めまして”の方も多かったです。

今日初めましての方で、70才前後だと思われる女性にアロマハンドマッサージをさせていただきました。
口調もはっきりされており、凛とした姿で車いすに座っておられます。
選ばれたのはリラックス系の香りのオイルでした。
マッサージをし始めると、「背中に大きな傷が出来るくらいの手術をしてね、その影響で足が痛くてしびれているの・・・」と話始められました。
『大変でしたね。足は常にしびれてるのですか?』
「そう。ずーっといつもしびれてる。」
『それはお辛いですね・・・』
それから手術に至った経緯、入院中のこと、また退院後は様々な介護サービスを受けながら、1人暮らしを継続されていることをお話下さいました。

利用者さんが話される“語り”の中には、その方の思いや感情がたくさんつまっています。
マッサージを受けられる10分程度の中で、話されることをしっかり受け止めることがその方へのケアにつながります。
心地よい香りとタッチングの効果で、利用者さんは心を開きやすくなられています。
短い時間の中で、利用者さんとの距離がぐっと近くなる瞬間です。
その中で今私に最大限何が出来るかを、常に考えながらかかわらせていただいています。

本日かかわらせていただいた利用者さん、いつも色々ご配慮いただいている施設スタッフの皆様、今日もありがとうございました。

高齢者施設作品

     (施設の利用者さんの作品・・・素敵な作品にいつも感動です!)



ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

アロマ勉強会、無事に終わりました

2019.09.12(22:05) 103

職場でのアロマ勉強会の発表、無事に終わりました。
今回は職場のケアマネージャーさん、理学療法士さん、言語聴覚士さん等のリハビリテーションスタッフさん達も加わり、総勢20名の参加をいただきました。

様々な質疑応答もいただき、約1時間の勉強会となりました。
特に現在訪問看護の中でアロマケアをさせていただいている2名の利用者さんの症例発表では、とても良い結果の報告となりました。
「アロマセラピーって想像していたよりすごく科学的なので、びっくりしました」
「アロマってすごい!ぜひ今度体感させて欲しい。」
「アロマケアをしてほしい人、今3人ほど頭に思い浮かびました」etc…。
たくさんの嬉しい反応をいただきました。

こうしてまたたくさんの方にアロマケアを知っていただき、必要な方のところにアロマをお届けすることができますように・・・。

遅くまで残り勉強会に参加いただきました職場スタッフの皆様、今回講義させていただく機会を与えて下さった勉強会担当のKさん、本当にありがとうございました。

アロマ勉強会(在宅事業部編)


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
  1. 2019年、ありがとうございました。(12/29)
  2. 早く症状が落ち着きますように・・・。(12/27)
  3. 親学講座へ参加してきました(11/11)
  4. ‘語り’を受け止めること(10/22)
  5. アロマ勉強会、無事に終わりました(09/12)
前のページ 次のページ
前のページ 次のページ