FC2ブログ

タイトル画像

次男へのアロママッサージ

2017.01.22(15:43) 15

我が家の小5の次男坊は、中1の兄とは正反対で自由奔放、典型的な次男気質です。
しかしこの子には、生まれつき食物アレルギーがあり、色々なものに摂取制限があります。
原因食物が体に入ると、呼吸困難や血圧低下といったショック症状がおき、生命の危機がおよびます。
そのため、お守り代わりにエピペンというショック症状を改善させる注射を持ち歩いています。
そんな次男坊、今では周囲の皆さんに理解していただき、見守られ、普通に問題なく学校生活が送ることが出来ています。
小さいころから命の大切さや、自分で自分の命を守ることを学び、今では周囲のお友達にも優しい気持ちを配ることができる子に成長しています。

そんな背景のある次男坊でありますが、突然夜に鼻血を出しました。
鼻の粘膜も弱いうえ、空気も乾燥しており、少しさわった刺激もあり出血したのでしょう。
今日は珍しく「お母ちゃん、アロマして」と言ってきました。
学校生活や遊びにいつも全力投球、そして周囲の気配りも忘れない…そんな彼にしっかり休息して欲しいと思いました。

選んだ精油はサイプレスとマンダリン。
サイプレスは収斂作用もあり、芳香で鼻血を止める作用もあります。
すっきりとした森の香りで、自然が好きな次男坊のイメージにピッタリです。
またマンダリンは柑橘系の香りで、子供に好まれる香りでもあります。
そして鎮静作用やリラックス効果も高く、小児科の待合いなどで蒸散し使用されていることもあります。
サイプレスのスッキリ系とマンダリンの甘い香り・・・正反対な香りではありますが、ブレンドするとスッキリの中にも甘い余韻が残り、次男坊の好む香りとなりました。

施術し始めると「気持ちいい~」と笑顔になり、すぐにウトウトしはじめ寝てしまいました。
そしていつの間にか鼻血も止まっていました。
いつも一生懸命な次男坊、このまま元気に自由奔放に生きていって欲しい・・・と願いを込め、施術しました。

赤ちゃんの頃はアトピーっ子で常に全身の痒みと戦い、シーツを血まみれにし泣きながら寝ていました。
そこで気付いたタッチケアの大切さ。
母である私がイライラせず安定した心で、優しく声かけながら体をさすってあげると、すぐに眠ってくれたことにびっくりしました。
その出来事が私が今アロマケアをさせていただいている原点でもあります。
また機会があれば、詳しくお話しさせてただきたいと思います。

次の日次男坊は元気に学校に行き、そして帰宅後も帰宅時刻過ぎるまで遊びまわっていました。
これからもアレルギーとは仲良く生活し、このまま元気いっぱいに成長していって欲しいと思います。

次男アロマ

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


アロママッサージ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

長男へのアロママッサージ

2016.12.20(23:55) 10

今日は快晴のいいお天気でした。
学校から帰ってくるなリ中1の長男は、「今日は一日中くしゃみが出て出て、授業中ずーっと鼻水たらしてた」と言います。
テストも終わり、気持ちもホッと一息ついた頃でしょう。
冬休みまで後数日、持ちこたえて欲しいと願い、夜は長男にアロママッサージをしました。

使用した精油はマートル、オレンジ、ティートリーです。
マートルは呼吸器系のケアに役立ち、眠りを誘うリラックス効果もあるところがこの精油の特徴です。
オレンジは馴染みのある香りであり、あまり嫌いな人はいないといわれています。長男が一番好きな香りでもあります。
思春期突入という難しいお年頃でもあり、オレンジの甘い香りでしっかり甘えさせてあげたいと思いました。
ティートリーは抗菌、抗ウイルス、抗真菌といった抗感染効果にはピカイチの精油です。感染を予防し、免疫を強化させ、これ以上症状が悪化しないことを期待し選びました。

最近の長男は身体の成長が著しく、最近では私の身長もぬかしてしまいました。
背中の施術をしながら、背部の面積が広くなったこと、骨格も男性らしくしっかりしている様子に成長を感じ、また背中の張りが強いこと、肩こりが強いこと、猫背ぎみなまるまった背中にタッチしながら、日頃一生懸命がんばっていることを感じ取りました。

長男には繊細な部分があり、1学期は慣れない中学生活や部活の人間関係に悩み、学校に行けなくなった時期もありました。
それを乗り越え、2学期は欠席0、提出物もきちんと出し(当たり前ですが、1学期はそれができないほど心身ともに疲労困憊状態でした)、長男なりにすごく頑張ったと思います。
親は応援することしかできないですものね。
精油とタッチの力で、症状が悪化せずエネルギーを充足し、早く元気になるよう願いをこめて施術しました。

施術が始まると「あー、何かしゃべりたくなってきた」と言い、いつの時代の三冠王は誰でとか、この選手にはこんな出来事があったといったオタクの域に達したプロ野球ネタを披露し始めました。
そしてひとしきりしゃべり尽くすとウトウトしだし、施術が終わると「もうあかん。寝る。」と崩れるようにベッドから降り、寝室へ上がっていきました。
その夜はよく眠れたようで、次の日には症状がすっかりなくなってしまい、部活の水泳にも行き帰ってきました。

こうして触れさせてくれるのも、もしかすると後少しなのかもしれません。
これからも心はどんどん成長していきますからねー。
私も母として今のこの親子の時間を大切に、コミュニケーションを大切に、生活していきたいと思います。

arata aroma


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


アロママッサージ トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
アロママッサージ
  1. 次男へのアロママッサージ (01/22)
  2. 長男へのアロママッサージ(12/20)
前のページ
前のページ