FC2ブログ

タイトル画像

ここがあるから

2017.05.04(21:03) 24

ゴールデンウィーク真っ只中の今日、午前中は訪問看護の仕事でした。
お天気にも恵まれ、道路もすいており、仕事もスムーズに運びました。
午後からはアロマボランティアのため、高齢者施設へ向かいました。

職場から施設までは車で30分かかります。
到着時間もギリギリになることが予測され、午後からの活動をしっかり行うには、この車内でしっかりリラックスし気持ちを整えることを意識します。
慌てて食べた食事をきちんと消化吸収させること、気分も明るくリフレッシュさせ、リラックスさせてくれる・・・そんな効能を期待し、スイート・オレンジの精油の力を借りました。
内側にオレンジ精油を1滴垂らした紙マスクを着用し、ゆっくり呼吸を続けます。
魔法瓶に入れた温かいハーブティを時々飲み、好きな音楽を聴きながら、運転中にしっかり休息します。

車内より

ゴールデンウィーク中でも高齢者施設は普段の日と変わりありません。
いつもと違うお顔の方も来られていました。
家の人の都合で、通所曜日ではないけれど預けられた方もいらっしゃるのではないかと思われます。
今日も数人の方にハンドマッサージと、お話をさせていただきました。

8月に100歳になられる女性の利用者の方は、長男夫婦とお嫁さんの親とも一緒に住まれており、「家では私だけが他人。居場所がなく気を使う。ここ(施設)がいい。」と言われます。
そしてハンドマッサージを受けながら、「あたたかい」と言われ涙をぬぐわれました。

また歌がお好きで上手な長身の男性の利用者さん。
この方は認知症症状もなくいつもしっかりお話ができ、私自身も素直にお話させていただいています。
施設には週のほとんどの日来られており、カラオケや塗り絵も楽しそうに取り組まれ、周囲の人への気配りもされながら過ごされています。
先日家族8人で行かれた旅行の話をされ、「しんどかった」と言われます。
「ここに来ている方がいい」と本音を話されます。

この施設に通うことは、利用者さんにとってとても大切な場所なんだと実感しました。
自分の居場所であり、自分自身でいられる場所。
毎日の生活の中で、なくてはならない安心できる場所。
馴染みの顔があり、スタッフの方に見守りを受けながら心穏やかに自由に過ごせる場所。
この居場所があるから今を生きていける・・・といっても過言ではありません。
また本当は家にいたいけど中には介護されているご家族の負担軽減のため、頑張って施設に通われ過ごされている方もいらっしゃるかもしれません。

アットホームな良い雰囲気のこの場所で、アロマを通して私も同じ時間を共有させていただけることが本当に嬉しくありがたいです。
来月も皆様にお会いできるのを楽しみにしています。

施設からの風景

ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


高齢者施設にて トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<精神科でもアロマ | ホームへ | 今日は休む! >>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する