FC2ブログ

タイトル画像

アロマセラピー学会2021&年末のご挨拶

2021.12.31(23:59) 146

昨年からアロマセラピー学会はオンラインで行われるようになりました。
以前までは年1回の総会に参加するには、開催される地域まで移動し宿泊してと大変でした。
しかしコロナの影響で、昨年度からオンライン参加という形で自宅で聴講させていただけるのがとてもありがたく感じています、

アロマ学会2021

卒業したアロマの学校の先輩方が立派に発表されている姿に、さすが!と感動しました。
「そうそう!こんな発表が聴きたかった!」と思う内容のものばかり。
昔アロマの学校に通っていた頃を思い出しました。
月1回の授業を聞くたびに、心を熱くして帰ってきていたあの頃。
アロマセラピーを使ってケアすること、周囲とのかかわり、そして自分自身。
少し行き詰まりを感じていた中、今回学会に参加できて良かったです。

さぁ今年も後わずかとなりました。
今年やり残したことは、来年に持ち越しとなりそうです。
コロナ禍の中でしたが、訪問看護でのケアは計画通り行うことができました。
高齢者施設訪問はストップした1年でした。
自宅ケアルームでのアロマセラピスト活動は、希望があった方のみ施術させていただきました。
来年は少し新しい方向性を模索しながら、引き続き活動していきたいと思っています。
関わらせていただきました皆様、またブログを読んでくださっている皆様、今年も1年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


学び時間 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
タイトル画像

日々の心得

2021.12.05(22:19) 145

先日の訪問から2週間がたちました。
前回ブログで登場された患者さんの訪問でした。
お庭のお花が活き活きとしており、ちゃんとお世話が行き届いていることがうかがえます。
・・・ということは、患者さんの調子も良さそうです。

Tさん1 Tさん2

お話をお伺いすると、デイサービスにも行けるようになり、調子よく過ごされているとのことでした。
そして「以前に何かの本を読んで写したものがでてきたの」と1枚の紙をみせていただきました。
そしてそれを見て、もう一度筆書きされたと言われます。
薬の副作用で体の震えもあり不安定な中、拍手ものの達筆です。

Tさん心得

本当に良い言葉です!
パーキンソン病とは、脳の中のホルモンが不足して、手足が動かしにくくなる病気です。
様々な心身の症状とうまく付き合いながら、生活していくことが大きな課題となります。
緩やかに進行していくため、難病の中でも長生きすることが可能です。
もうかれこれこの疾患とお付き合いして、10年がたったといわれます。
体調の良い時間帯にはショッピングに行き、また理学療法や言語療法といったリハビリテーションも真面目に取り組まれています。
少しずつですが、疾患による症状も受け入れられ、うまく付き合っていこうとされています。
その陰には、ご主人の力強いサポートがあります。
筆で書かれたこの言葉はとても前向きで、力をいただける文面だと思いました。
他の同疾患患者さんにも教えてあげれたらと思い、写真を撮らせていただきました。

パーキンソン病だけでなく、どんな病気や状態であっても言えることだと思います。
私自身も新しい挑戦をし続けること、知的好奇心を持ち続けていくこと、運動も続けていかなければと気持ちを正されました。
来年の目標をたてます!!





ホリスティック隠れ家ケアルーム TSUNAGU便り


訪問看護 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
2021年12月
  1. アロマセラピー学会2021&年末のご挨拶(12/31)
  2. 日々の心得(12/05)